読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たにしにっき

にっきです 技術的なのはこっち -> <a href="http://tanishiking24.hatenablog.com/">こっち</a>

2016年買ってよかった漫画

2016年に購入した漫画は129冊でした。実際はpixivコミックとかマンガワンとかでも漫画読んでるのでもう少し多そう? 2016年に新しく読み始めた/前から読んでたけど特に印象に残った漫画のうちいくつかを懐かしみがてら振り返ってみる。

2DK、Gペン、目覚まし時計。

2DK、Gペン、目覚まし時計。: 1 (百合姫コミックス)

2DK、Gペン、目覚まし時計。: 1 (百合姫コミックス)

社会人ものの(ちょっぴり百合)漫画
仕事も家事もバリバリな福岡出身のキャリアウーマンと、だらしないけど漫画に対する情熱はすごい漫画家っていう一見正反対な二人がひょんなことからルームシェアすることに、二人の共同生活の模様とか仕事に対する話を描いていて、二人の仕事に対して真摯に取り組む姿が描かれたりギャグがはさまったりたまに百合(?)っぽい描写もあったりで面白い!

selector infected WIXOSS -peeping analyze-

を見ていること前提、その登場人物であるピルルク(水嶋 清衣)に着目したスピンオフ作品。
ピルルクとあきらっきーが好きだったので買ったのですがピルルクにこんな過去が…!wixoss好きなら読んでくれ!

ほいくの王さま

子供が好きで保育士になった福田育(♂)だったけど、就職先の保育園で男性保育士に対する偏見に苦しみ2ヶ月で退職することに。いろいろあって決まった転職先は全員男性保育士の保育園、その保育園での子供とのコミュニケーションや、それぞれの家庭環境に対して保育士ができることは何かを考えていくのが良い。

サマー・ソルト・ターン

サマー・ソルト・ターン(1) (月刊少年マガジンコミックス)

サマー・ソルト・ターン(1) (月刊少年マガジンコミックス)

水泳漫画、主人公の泳一郎は小学生の時神童と呼ばれるほどの天才だったのだけれど、小学生のときあたりから体格の成長や記録の伸びは止まり始めてしまって、高校ではもう水泳はやめようと思っていたのだけれどライバルやヒロインの影響で再び水泳に対して火がつきはじめて…
体格に恵まれない主人公が、体格に恵まれないなりに自分の体格に合った泳ぎ方を模索していく。ヒロインの鮎川ルカ(褐色の子)が可愛すぎる…なにこの子…天使じゃん…
水泳のこと特に好きでは無いんだけど水泳のシーンがめちゃくちゃ迫力あって読んでて面白かった、あと筋肉とか肢体の書き方にこだわりを感じる。いやーー青春ですな

コンプレックス・エイジ

コスプレイヤー(衣装も自分で作る)の主人公の片浦渚(26)(高身長)(美人系)、コスプレのために美容やポージングにかなり気をつけていたり衣装に対してもかなりこだわりがあってイベントではかなり人気のコスプレイヤー。メインでは『まじかるずきん☆ウルル』という作中作の主人公ウルル(幼女っぽい感じ)のコスプレをしているんですが、イベントで陰で悪口を言われたり、まだレイヤーとしては未熟だが自分よりウルルに似ている後輩の登場、レイヤー仲間が会社でオタバレしてレイヤーを一時的にやめてしまう、などなどを経ながら自分の趣味(コスプレ)への向き合い方を考えていく作品。
最初は趣味に対してひたすらストイックではあるけど、他の稚拙な裁縫や売り物の衣装をそのまま着ている/ポージングなどに対してこだわりのないレイヤーを内心見下したり、仕事に対してはひたすらやる気がなかったり、という感じなのですが、自分の趣味との向き合い方を考えたり様々な人と出会っていくことによって人間としても成長していく。
趣味に対して向き合い続ける姿はすごくかっこよかった。

NEW GAME!

おなじみ NEW GAME! 僕ははじめが好きです。エンジニアチームに着目した話も描いてくれたりしないかな〜〜〜

からかい上手の高木さん

主人公の西片くんがとなりの席の高木さんにひたすらからかわれる漫画、なんだこれ…可愛すぎだろう…
今日はからかわれないぞ!って意気込んでは結局高木さんのが上手な西平くんも、思わせぶりな発言やおちゃめな発言を連発する高木さんもかわいい…

ローカル女子の遠吠え

東京での仕事に馴染めず静岡にUターンしてきた主人公のりん子さんの社会人ドラマ…と見せかけた静岡ネタもりだくさんのギャグ漫画
東京と田舎の価値観の違いネタとか、東京から静岡に左遷されてきたひとのカルチャーショックネタが面白い
静岡ってほんとにお茶摘み休暇あるんですか…

私が言うとおりになる

異常な身体能力をもつソウくん(めちゃくちゃ馬鹿)に惚れているメイちゃん(超絶ストーカー気質/頭のネジがない)が主人公
ソウくんはスポーツ選手になるのかと思ったら進路はまさかの(超うさんくさい)占い専門学校「上北野沢スピリチュアルアカデミー」、メイちゃんはソウくんを止めようと占い師のふりをしてお前には占いの才能がないからやめておけとスポーツ選手への道を促すのだけど、失敗して(なぜか)二人一緒に占い専門学校に入学することに
とにかくテンションが高くてハイスピードコメディ
ニコニコ静画で1,2話が読めるけど最初から異常なテンション…

seiga.nicovideo.jp

てのひらの熱を

めちゃくちゃ姿勢が良い(空手未経験)主人公・木野下慎也と、天才空手少年の柳屋匠とが出会い。主人公が空手にはまっていき身長の低い自分にとっての空手のスタイルを固めていき…というめちゃくちゃ熱い空手漫画だった(なんで終わってしまったんだ…)
登場人物が全員かっこいいし天才キャラも全然嫌味じゃ無いのが良い…
面白いスポーツ漫画ってそのスポーツに興味なくても競技シーンがすごく面白く見えるんだなー

地縛少年 花子くん

トイレの花子さんこと花子くん、花子くんと出会ってしまった八尋寧々と、怪異退治を生業とする祓い屋の少年の源光の3人が主人公
怪異(主になんらかの思いを残して死んでしまった人間や動物)と人間との関わり方を描いていくギャグありバトルあり(恋愛あり?)の漫画
もともとは怪異が人間に害を与えないように学校の七不思議たち(七人衆的な)が管理しているのだけれど、怪異の内容を書き換えて怪異を暴走させている黒幕がいる…?という内容で最近はシリアスな感じになってきてる。
主人公たちがとにかく可愛い…特に恋愛馬鹿の寧々ちゃんと寧々ちゃんに惚れてるけど相手にされてない光くんがかわいい…絵柄もかわいい

よろこびのうた

よろこびのうた (イブニングコミックス)

よろこびのうた (イブニングコミックス)

とある一組の老夫婦が農村の火葬場で心中しているのが見つかった、ニュースでは老老介護の疲れからの心中かと報道されていたが
介護特集のために再び事件のことを調べていると事件には実は愛のある裏があって…という話
鬱漫画とかではなくて老夫婦の純愛ラブストーリーだなという印象…何を言ってもネタバレになりそう

エンペラーといっしょ

ある日冷蔵庫を開けたら何故か皇帝ペンギンが入ってて、なぜか一緒に暮らすことに
ペンギンを一切デフォルメしてないところとか、登場人物がペンギンが一緒にいるのを受け入れるのが早くて面白い可愛い


結構たくさん読んだなー
来年は社会人になってお金がもっと手に入ったらもっとたくさん読むぞ

舞茸しめじさんと木下監督のキャッチボール

SHIROBAKO Advent Calendar 2016があまりにも良くてSHIROBAKOを見直していた(4周目)のですが、第9話「何を伝えたかったんだと思う?」でのライター舞茸しめじさんと木下監督の対話が印象的だったので、Advent Calendar は終わってしまったが記しておきたい。(勝手に26日目みたいになってる)
どこが印象に残ったかというと、アイデアが思い浮かばず考えがまとまらない木下監督に舞茸さんがいくつか質問を投げかけながら、木下監督のやりたかったことを引き出していく舞茸さんのコミュニケーション能力です。
舞茸さんの監督から考えを引き出していく対話方法は質問に答える際の心構え・自分と相手と共通認識を得るための対話として参考になるなーと思った。 簡単にはまねできないだろうけど。

舞茸しめじさん

舞茸しめじさん、初登場はこの9話。アニメ後半ではりーちゃんに課題を出して添削してくれたりなんだかんだ面倒見も良い人で、監督の無茶な発想を受け止めてくれたり第三飛行少女隊の原作サイドからのリテイクにも対応してくれる頼れるライターさんです。
(その割には公式サイトのキャラクター紹介にいなくてびっくりした)
個人的にはSHIROBAKOの作品中、杉江さんに並ぶかっこよくて尊敬する大人の一人です。コミュニケーションが苦手な僕にとって舞茸さんは良い手本となっています。

監督との対話

シチュエーションとしては「えくそだすっ!」最終話の絵コンテで、ラストをどう締めるかに悩む木下監督を見かねて、デスクの本田さんがライターの舞茸さんに相談に乗ってもらおうということで、木下監督・本田さん・舞茸さんでラストの構成を考えるシーン。

そもそもやりたかったことは何ですか?

舞茸「さて、監督がこの作品で一番やりたかったことは何ですか?」

舞茸さん、まずは監督にそもそも何がやりたかったのか問題提起をします。こういう考えがまとまっていないに相手に対して相手がそもそも何をしたいのか、何を解決したいのか、どういう意図があってその質問をしているのかといったことを相手に投げかけてあげることで考えを整理させてやるの大事な感じがしますね。
実際僕も分からないことが多すぎて、考えがまとまらずしどろもどろな状態で質問をしてしまうとき、こうやって逆質問されるとすごく落ち着く。

相手を誘導しつつ考えを引き出す

木下「んー…萌え?」
本田「それは違うと思います」

監督、早速考えがまとまってませんね。最終的に答えを出したいのはラストシーンをどうするのかですが、そもそも監督の考えがいろいろまとまってないのをみかねてか、ヒントを出したり外堀を埋めるような質問をしつつ監督の考えを引き出していきます。

舞茸「最初は確か美少女アクションやろうってことだったんですよね」
木下「そうなんだけど…」
舞茸「そもそもタイトルをえくそだすにしたのはどうしてでしたっけ、あかね達は何から逃げてるんでしょう」
木下「警察… 」
本田「舞茸さんが聞いてるのはそういうことじゃなくて」
木下「うーん…しんどい現実から逃げてるのかなー」
舞茸「逃げた末にあかね達は最後に何を手に入れるんでしょうね」
木下「歌うこと…かな?」
舞茸「そうですよね、逃げている間あかね達はずっと3人でまたステージに立ちたい、歌いたいって言ってましたもんね」

こうやってどんどん質問が出てくるのもすごい、舞茸さんもシナリオに対して深く考えを巡らせていることからできることなのでしょう。
少しずつ監督の考えがまとまってきました。同調して相手の更なる意見を引き出そうとしています。

焦点を変えさせてみる

ここで考えが行き詰まってしまった監督、舞茸さんはすぐさま別のヒント・質問・自分の意見(?)を監督に提起して、また別の方向から切り込んでいく。

木下「でもあかね達、もう追い詰められてるし…」
舞茸「そういえば本読みのとき、監督、あかねはすぐ人を信じちゃう子だよって言ってましたよね」
木下「そんなこと言ったっけ」
舞茸「言ってましたよ、僕それがすごく頭に残ってるんですよね、何であかねは人を信じるんですかね」
木下「わかんないけど…それがあかねなんだよ、信じて裏切られて、そのせいで窮地に陥るんだけどそれでも誰かを信じ続ける…。あっそっか…もしかしたら俺、どんなときも人を信じるってことがやりたかったのかな」
舞茸「誰かを信じてきたあかねの希望が叶ったら良いラストになりますよね、きっと」

ぼんやりと自分の考えがまとまってきた監督、すかさず舞茸さんはその背中を押すように監督の意見に対して同意を示します。

相手の話を聞く

そして監督のラストシーン語り!!!

木下「そうだな…裏切られても人を信じてきた、そんなあかね達の良さがラスト未来を開く!」

ラストシーンのアイデアを語る木下監督とそれを聞きながら記録を黙ってとる舞茸さん、相手の意見がノリにのってるときは口出ししないで聞き役に回るのかっこいいですね


木下「そして馬に羽が生え、羽からソニックエンジンが出てきてーーーー」
舞茸「さすがにそれは荒唐無稽すぎます」

話がおかしくなってきたらちゃんとツッコミを入れてくれる。

僕はキャッチボールをしに来ただけですから

ラストシーンの構想が決まった後、感謝の言葉を述べる本田さんに対する舞茸さんの返答

本田「すみません、ほんっとうに助かりました」
舞茸「いえ、僕はキャッチボールをしに来ただけですから」

か、かっけーーー!!
会話のキャッチボール、今回の場合

  • 舞茸さんのえくそだすに対する認識と監督の認識をキャッチボールを通して揃えること
  • 監督の肩をならしてやって監督の力(考え)を引き出してやる

といった目的があったのかなぁ

まとめ

SHIROBAKO、2~3週目はアニメーター達と技術者の共通点とかに注目して見ていたのですが、仕事(アルバイト)やサークルでコミュニケーションについて考えるようになってから見てみるとまた違う見方ができるようになって面白い。
舞茸さんのように、相手の見失ってしまった考えを引き出したり、相手と自分の間に共通認識を作ったりすることで互いに満足できるゴールを目指すことができるようになる。そんなコミュニケーションができる人間になりたいですね。
SHIROBAKO、見るの4回目ですが何度見てもいいアニメだ…キャラクターの一人ひとりが尊敬できる人間で(変な話茶沢は知らん)言葉のひとつひとつにこだわりを感じる。セリフ全部まとめてElasticSearchとかにいれて全文検索できるようにしたいんだけど、セリフ一覧が載ってる台本とか売ってないかな…できればpdfとかで。
来年は SHIROBAKO Advent Calendar 2017 に参加したいな。

参考

今年買って良かったもの

お題その2「今年、買ってよかった物」

「毎日の楽しみが増えた」「生活が快適になった」など、今年買った物の中から「これは!」というものを教えてください。家電、洋服、雑貨、ガジェット、車、家など、買った物のジャンルや金額は問いません。また、VISAデビットで購入した物はもちろんのこと、現金やクレジットカードで購入した物でもOKです。今年あなたの心に残っている買い物について熱い想いを書きつづってください。

blog.hatena.ne.jp

モニター

BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM 24インチ/フルHD)/TN

BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM 24インチ/フルHD)/TN

24インチでHDMIもついてこの値段だったので買いました、1K6畳の部屋に住んでるけどでかすぎず小さすぎずで良いサイズ。

ゴアテックスの靴

梅雨~夏の時期に購入、通学・出勤のとき大雨のときに靴と靴下がびしょ濡れになるのが最悪すぎて買いました。
この靴を履くようになってからは雨の日も不快感まったくないし水たまりだってジャブジャブ歩けるようになったので雨でもどんと来いです、しかもカッコイイかっこよくない?
傘とか防水の靴とかにオシャレすると雨の日も少し楽しみになってよいですね。

Fitbit

周囲の人がこのデバイス購入して楽しそうにしてたので買いました。
僕もマネして心拍数を mackerel で監視するのを一時期やってた(今は飽きてきた)のですが、就職活動中、最終面接のために待機してる時アラートがめちゃくちゃ mackerel から飛んできてて、見たら心拍数が170くらいになってました。そんな感じで自分がめちゃくちゃ緊張してるのを定量的に眺めたことで逆に落ち着いてきてリラックスした状態で面接に臨めたといういい話があります。
普通にかっこいいし話のタネになる(エンジニアでも非エンジニアでも)ので本当に買って良かった。

プレシジョンスポーツ

以前使ってた自転車が激しく壊れてしまったので購入。せっかくならクロスバイクなる小洒落た自転車に乗ってみよう、といっても自転車ガチ勢ではないので

  • 数グラム単位にはこだわらず(初心者にも)安全性・使いやすさ・低価格
  • とめるやつ(ストッパー)はついててくれ

めちゃくちゃ良いです、僕のメイン交通手段は自転車でほぼ毎日数kmは自転車に乗っているのですが、数万出すだけでこんなに快適な自転車ライフが送れるならもっと早く買っておけば良かった…
はしゃぐあまり貴船に自転車で行ったりしてました(春こそはビワイチやりたいですね)

tanishiblog.hateblo.jp

www.cb-asahi.co.jp


amazonの購入履歴を振り返ってみると漫画ばっかりでした(100冊程度)、もちろん買って良かった漫画もたくさんあるのですが、今回は購入して生活が豊かになったものを選びました。
来年からは(卒業できれば)社会人なのでもっと購買意欲が高まりそう。

特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット

自転車で貴船行って温泉つかった

7月末頃に新しい自転車としてサイクルベースあさひのプレシジョンスポーツという安めのクロスバイクを買ってから外出するのが楽しくてしょうがなくて、晴れで休みの日はどっかそっか自転車に乗って出かけてる、本格的なやつじゃないけど自転車楽しいね。

www.cb-asahi.co.jp

せっかく休みで天気も良さそうだったので貴船まで自転車で行って温泉にでも行くか〜という感じになった

早起きして涼しいうちに行くつもりだったけど起きたら11:30だった...13:15頃に出発

自宅(北白川)->上賀茂神社->柊野別れ->貴船
みたいなルートでGoogleMapによると片道16kmくらいみたい、行きは途中道を間違えたのと柊野別れから貴船までずっと緩やかな坂道だったので1時間くらいかかった

上賀茂付近の街並み良い

上賀茂神社の脇を通って柊野別れ交差点を貴船鞍馬方面へ
道中道が細くなって車の通りもそこそこ多いしカーブも多いから結構危なかったけど速度落として行けば大丈夫そう

基本的に道なりに頑張って登って行ったらおっ貴船口じゃん
この時点で14:30頃、貴船って自転車でも意外と1時間足らずで行けるのね

貴船温泉っていうのが「貴船温泉 水源の森 天山之湯」という所でとにかく最高だった...
館内の写真は撮ってないんだけど、露天風呂では木々のざわめきと蝉の声を聞きながらいい湯を楽しめる、夏だけど山の上なので涼しくて心地よい風を身にうけることもできてとても良い
中でも最高だったのは常温檜湯というので、37度くらいのぬるま湯の檜風呂で普段は長風呂しないけど30分くらい浸かってた気がする www.kibune-tenzan.jp

入浴中自転車は天山之湯の駐車場の隅に置かせて貰った、ありがとうございますありがとうございます

温泉に満足してしまって貴船神社は前まで行って帰った、例の温泉また行きたい。